綾野剛『フランケンシュタインの恋』過去最低6.3%……役者の熱演を裏切り続ける「ご都合主義と雰囲気オシャレ」|芸旬なび

2017年06月12日

綾野剛『フランケンシュタインの恋』過去最低6.3%……役者の熱演を裏切り続ける「ご都合主義と雰囲気オシャレ」

1: 名無しさん 2017年06月12日 21:00:00 ID:0.net

綾野剛『フランケンシュタインの恋』過去最低6.3%……役者の熱演を裏切り続ける「ご都合主義と雰囲気オシャレ」

綾野剛演じる“怪物”が山から降りてきて、とびきりキュートなドタバタラブコメディを繰り広げた第1話から一転、妙にシリアスな展開で視聴者を振り落してきた日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)も第8話。視聴率は下がりに下がって6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と過去最低を記録。しかし、おそらくこの第8話が同ドラマでもっとも面白い回になるのだと思います。ようやく、ドラマらしいドラマが見られました。

これまでのレビューでも書いてきましたが、本作はとにかく展開が遅いドラマでした。第1幕ともいうべき怪物と人間社会とのファーストコンタクトを描くことに6話を費やし、第2幕に入ったのが前回の7話から。全10話予定と告知されていますので、「面白くなってきたら、すぐ終わっちゃう」という感じです。

だからといって、前回や今回が文句なく面白いかといえば、そうでもありません。ここまで時間をかけてきた“怪物”にまつわるSF設定がガバガバで、視聴者を混乱させるばかりなので、気を抜くとイラっとしてしまいますし、集中しすぎてもイラっとしてしまいます。しかし、ちょうどいいテンションで、いい感じの出演者たちのいい感じのお芝居を眺めていると、「ああ、面白いな」と感じることができるという不思議なドラマです。

今回は、気を抜くとイラッとする話と、集中しすぎるとイラッとするという『フランケンシュタインの恋』の特徴についての話をしようと思います。

まず前者の、気を抜くとイラッとする話。ラジオの公開放送に参加した怪物が、興奮して毒胞子をまき散らしながら会場から逃げ出した場面の顛末がありました。

怪物は、テンションが上がると両手から毒胞子を発生させ、その手で触った人間を殺すという設定が与えられています。この毒胞子発生時、細かい粉のようなものが周囲に舞い散るわけですが、これまで、「直接的に毒手で触らなければ危害ナシ」というルールは徹底されていました。周囲に人がいる状況で毒胞子化したことは何度もありましたし、脳の病気を抱える継実がそばにいるときでさえ、そこだけは徹底されてきた。

しかし今回になって、舞い散る粉胞子を吸い込んだ数人が気分が悪くなって病院に行くというシーンが出てきます。脚本家が自分で作ったルールを簡単に無効化してくる。こういうSF設定の反故は、このドラマでは何度も繰り返されていて、「もうそこは飲み込もう」と思って見ているので、それ自体はスルーできるんです。でも、吸い込んだ人たちが病院には行くけど、“異臭騒ぎ”として警察に届けたりはしない。マスコミもたくさんいたのに、誰も取材しない。お話の都合で一般人の一般的な感覚がスポイルされた瞬間に、飲み込む許容量を超えちゃうんです。気合を入れて「SFについてはガマン!」と思って見ていても、気を抜くとついこうしたポカが目についてイラっとしちゃう。

続いて、集中しすぎの話。

前回、怪物が自分の中にある“殺人菌”を殺すために殺菌スプレーを飲もうとするくだりから、今回の前半にわたるシークエンスは、このドラマにおける「もっともオイシイところ」でした。怪物が、ずっと仲間だと思っていた稲庭先輩(柳楽優弥)が、実は怪物を陥れて片思い中の継実ちゃん(二階堂ふみ)を奪い取るために行動していたことを告白。「俺を憎め、俺を怒れ」と怪物に迫る先輩と、「それでも怒れないんです、僕は稲庭先輩が大好きです。今も感謝しています」とまっすぐな瞳で訴えかける怪物のやり取りは、2人の熱演もあって血涙を搾ります。こういうシーンが見たかったのだ、と素直に思える場面です。

稲庭先輩は「人間は矛盾を抱えているから」と、自らの行動が人間の普遍的な心の在り方からくるものであると怪物に説きます。そりゃそうだ、すごく納得のできる言葉です。柳楽くんの芝居はホントに素晴らしくて、一言一句聞き逃したくなくなってしまう。集中しちゃう。

だからこそ、鼻につくんです。前回のラストで、自分の卑怯なやり方を告白した彼は、怪物に「人間じゃないのは、俺なんだよ」と言っています。こんな卑怯なやり方は「人間じゃない」と言っているわけで、今回の言い草と食い違っている。前回は「人間じゃないから卑怯なことができる」と言い、今回は「人間だから矛盾から卑怯なことをする」と言う。どちらも筋の通った話ですが、前者は「ぼーくは人間じゃーないんでーす♪」という歌詞で始まるエンディングに、いい感じでつなげるためのセリフなんです。雰囲気オシャレを優先しているんです。些細なことですが、こうした食い違いは、そのセリフの「心の底から吐き出した感」を薄めてしまうんですよねえ。せっかくの盛り上がりに水を差されてしまう。で、イラッとする。ああー、イラッとする!

と、ここまで脇役やサイドエピソードばかりの話になってしまいましたが、今回はようやくヒロイン・継実ちゃんにも見せ場が訪れました。これまで継実ちゃんは大したセリフも役割も与えられず、とことん冷遇されてきました。そして今回も、たった1シーンだけで再び冷遇されることになります。

継実ちゃんは、「もう一度ラジオに出る」と言い張る怪物の手を引いて駆け出し、怪物に「一緒に逃げましょう」と言います。

「森へ帰りましょう、一緒に」

そして、ずっと怪物の心の支えだったラジオ番組のテーマソング「天草に聞け」を「継実に、聞け」と替え歌にして、怪物と共に生きる決意を明かします。感動的です。二階堂ふみ、ホントにかわいいです。私も、ずっと二階堂ふみと森で暮らしたいと思える素晴らしい芝居です。でも、心配になります。この人、脳の病気でクスリを常用しているはずだし、そもそも森で何を食って生きていくつもりなのか……。

心配する必要はありませんでした。継実ちゃん、その場で都合よく頭痛くなって倒れちゃいます。こうしたご都合主義も、本作の特徴です。最初から、この脚本家にとって「森で暮らす」という選択肢はないんです。「森で暮らすって言わせても、病気で倒せば進行に異状なし」と決め込んで書いてるんです。

なんだかね、脚本が芝居を裏切っている感じがヒシヒシと伝わってきて、悲しくなりますよ。特に継実ちゃんに対しては、ちょっと扱いが雑すぎるんじゃないかと思います。川栄李奈が複雑な心情を持った役を与えられてイキイキと演じているのと対照的で、二階堂ふみの女優としての才覚が誤解されてしまいそうなくらいです。

ともあれ、第2幕は今回だけでおしまいのようです。予定ではあと2話ですが、SFとしてはガバガバのくせに伏線を張りまくっているし、都合よく怪物の記憶も戻ったので、ここからは第3幕の解決編に向かっていくことになるのでしょう。次回は、120年前の怪物とサキさん(二階堂ふみ/二役)を振り返るようです。とりあえず、過去を演じる2人のお芝居だけを楽しみに、ちょうどいいテンションで待ちたいと思います。
(文=どらまっ子AKIちゃん)

名前 :
http://geishun-navi.com/